2009年、Sami Ruotsalainen(サミ・ルオッツァライネン)によってデザインされたOivaは、Marimekkoのテーブルウェアコレクションに決して欠かすことのできない新定番。Oiva(オイヴァ/最高の)テーブルウェアが誕生してから今年でちょうど10年。アニバーサリーを記念して、2/15(金)よりOiva 10周年コレクションを発売いたします。
まずはOivaの生い立ちについて少しご紹介。



Sami Ruotsalainenは、2001年よりMarimekkoのクリエイティブ・コミュニティの一員として活躍。素材やフォルムに対する繊細な感性と、その感性を忠実に体現することができる力の両方を兼ね備えたデザイナーです。「フォルム自体が美しく、そしてMarimekkoの大胆なプリントに完璧に合うテーブルウェア」を探し求めてデザインしたのがOivaでした。

Oivaテーブルウェアは、毎日の暮らし、特別なオケージョンのどちらにも自然に溶け込む存在。機能的でありながらも遊び心に満ち溢れたコレクションだからこそ、様々な形やパターンを自由に組み合わせてコーディネートしたくなるはず。大切な人とテーブルを囲んで一緒に過ごす時間が愛おしく思える、そんなアイテムの数々が誕生しました。

フォルムが完成すると、今度はイラストレーターでデザイナーのMaija Louekari (マイヤ・ロウエカリ)がテーブルウェアのデザインを完成させるために作画を担当。Siirtolapuutarha (シイルトラプータルハ / 市民菜園)柄やRasymatto (ラシィマット / 使い込まれたラグ)柄など、Oivaのフォルムを引き立てるパターンデザインが誕生しました。10年前、Oivaはこのようにして生まれたのです。

記念すべきアニバーサリーイヤーの2019年、お祝いを表すカラーとしてゴールドをきかせたデザインのOivaが登場。Rasymatto (ラシィマット / 使い込まれたラグ)柄のテキスタイルにもゴールドのアクセントをあしらいました。さらに、同じく10周年を迎えたSiirtolapuutarha柄のアニバーサリーを記念して、Maija Louekariが百花繚乱の新作パターンElakoon elama(エラコーン・エラマ / ロングライフ)を描き下ろしました。
Oiva 10周年のお祝いは2019年を通して続きます。この先もずっと、Oivaと一緒に。

販売開始予定日:2/15(金)

インポート商品のため入荷が遅れる場合がございます。

Home