春の訪れと共に満ち溢れていく、無限のエネルギー。

今春、マリメッコが着目したのは自然が織りなすアート。植物の世界を新たな視点から見つめてみました。まるで抽象芸術のように複雑な構成で形作られている花々。植物のミステリアスな世界がデザインのインスピレーションとして、スプリング/サマー コレクションに色濃く表れています。
植物から着想を得た今シーズン、注目したいのは、Antti Kekki(アンッティ・ケッキ)が木の葉や花々からインスパイアされてデザインした新作プリントの数々。健康的な暮らし、環境に寄り添う考え方への意識が高まる中、コレクションを通してスローなライフスタイルを提案します。

Antti Kekki(アンッティ・ケッキ)の新作プリントである Viita(ヴィータ / 雑木林)は太くて荒々しく成長する植物からインスピレーションを受けた作品。Leikkokukka(レイッコクッカ / 切り花)は紙から切り取られた花、葉、茎で構成された美しいプリント。
コットンやリネンの素材で作られた、心地のよいマリメッコシルエットのウェアで表現されています。

定番人気のUnikko(ウニッコ / ケシの花)はこれからの季節にピッタリのジャージ素材で登場。
Piccolo(ピッコロ)もリネン素材で春夏仕様にアップデートしてお目見えします。

販売開始予定日:3/18(金)

インポート商品のため入荷が遅れる場合がございます。

Ready-to-Wear