9/17(金)より、2021年フォール/ウィンター コレクションがスタート。

70周年アニバーサリーのクライマックスとなる今シーズンのテーマは「未来の風景」。今までにも繰り返しインスピレーションとして取り上げられてきた「自然」、そして移りゆく「風景」に着目しました。エッセンシャル、機能的、タイムレス、サステナブルをキーワードに、暖かいニット、様々なスタイリングに使えるドレス、レイヤードスタイルにぴったりなトップスを始め、これからも末永く着ていきたいアイテムの数々が登場します。

人気のUnikko(ウニッコ/ケシの花)ニットは柔らかいベージュ系のカラーリングが優しい印象。ベーシックなプルオーバーニット、脇にスリットが入ったチュニックタイプの2スタイルから選べます。

今シーズンのプリントは、「風景」から着想を得たデザインが数多くラインナップ。
インテリアテキスタイルとして根強い人気のKaivo(カイヴォ/泉)は、今シーズンは美しいドレスとなって登場。
おなじみのUnikkoは、新たな視点から再解釈。大自然に見る激しい水の流れにヒントを得てMaisema-Unikko(マイセマ-ウニッコ/風景とケシの花)が誕生しました。このプリントは、マイヤ・イソラの孫娘、エンマ・イソラ(Emma Isola)がマリメッコのデザインチームと共に、マリメッコのプリント工場で制作。手作業によって生まれた作品です。

販売開始予定日:9/17(金)

インポート商品のため入荷が遅れる場合がございます。

Ready-to-Wear